2015年11月22日日曜日

昭和炭鉱跡 2015 (沼田町)

ある日、沼田町にある昭和炭鉱跡に行ってきました。
昭和炭鉱は1930年(昭和5年)1月開業、1969年(昭和44年)4月30日閉山とのことです。

林道の入口には新たにゲートが設置され、車両の通行はできません。

ご覧のとおり林道の一部は崩壊が進んでおり危険です。


日没が近くなってきたため、建物跡を横目に早足で進んでいきます。


--- 【隧道マーケット】 ---
前回見つけることのできなかった「隧道マーケット」を小川の対岸に発見。
地図で見たイメージより、進んだ場所にありました。(右手奥に炭鉱住宅群を目視できました。)

内部は空気の停滞感があり、吐き気をもよおすような「気持ち悪さ」を感じました。
酸素不足だとすると危険です。





隧道(トンネル)の中では10店舗ほどが営業していたそうです。
往時はきっと賑わっていたのでしょうね。



「閉山反対」「みなさん手を握り合って頑張ろう」といったの張り紙も。

こちらは「待避所」だそうです。
電話ボックスか消防設備でもあったようにも思えます。

昭和42年9月1日の新聞でした。新聞って意外と持つものですね。

「父母負担軽減に逆行 名寄中創立記念事業のPTA寄付」

この先は水没していますが、その先にはトンネルの出口があるそうです。


--- 【炭鉱住宅】--- 
昭和炭鉱には最盛期で4000人ほどが暮らしていたそうです。

炭鉱住宅は残っていても、そこにいた人々の生活を想像できないほど、
年月が経過しているように感じました。



屋根は抜け落ちており、床には植物が生えていました。



炭住内に生活感を感じさせるものはほとんど見当たらず
人工物でさえ、年月の経過とともに自然の中に飲み込まれてゆくようでした。